MENU

子供が朝起きない・起きれない・調子悪いのは

◎朝、ベッドや布団から起きられない

 

◎朝が辛く、だるい

 

◎午前中の調子が悪い

 

現在、上に書いたような「朝起きることができない」「午前中の調子が良くない」という子供が増えてきています。特に、思春期の子供に多く見られます。
そこで今回は、なぜ子供が朝起きられないのか、午前中の調子が悪いのか、その原因について調べてみました。

 

子供朝起きない

 

【子供が朝起きられない、午前中の調子が悪い原因】
朝起きることができない原因や、午前中の調子が悪くなってしまう原因は、主に3つあります。

 

[原因その1]夜更かしをするなどの生活習慣

原因の1つ目に挙げられるのが、夜更かしなどの生活習慣です。
1日中スマホやパソコンを使用している、テレビを観ているという子供も多いと思います。
しかし、こういった機器の画面から出ている「ブルーライト」が眠りに影響を与えることがあります。
そこで、寝る1時間前からはスマホなどを使用しないようにし、夜更かしをしないような生活習慣にすることが大切です。

 

[原因その2]学校や部活などの日常生活における精神的な負担

原因の2つ目は、日常生活での精神的な負担です。
学校での上下関係や、厳しい部活、勉強のプレッシャーなどの思春期における精神的負担が関係しています。
日常生活において精神的な負担を感じている場合には、ご両親のサポートが重要になります。

 

[原因その3]

3つ目の原因は、低血圧における「めぐりの悪さ」が関係していることが挙げられます。
めぐりが悪いと、起き上がるとふらつく、疲れがとれにくいといった症状が現れます。
低血圧における「めぐりの悪さ」の原因となっているのが、学校や人間関係などのストレスです。
こういった場合には、リラックスし、緊張状態を和らげることが大切です。

 

【まとめ】
ここまで、なぜ「子供が朝起きられないのか」「午前中の調子が悪いのか」について説明してきました。
朝起きられない、午前中の調子が悪い原因には、生活習慣や精神的な負担、更には、めぐりの悪さが原因となっていることが分かりました。
このようなことを緩和するためには、それぞれの原因を改善していくことが大切です。

 

しかし、、ちょっと待ってください!
子供が朝起きない・起きれない原因はある病気が原因なのかもしれません!

 

それは起立性調節障害です。

 

起立性調節障害は近年多くなっている睡眠障害の病気の一つで中高生などの子供に多いとも言われています。

 

起立性調節障害の子供の症状と悩み

起立性調節障害の子供の症状と悩みにつてご紹介していきたいと思います。

 

「起立性調節障害の子供の症状」
起立性調節障害の症状には以下の症状がみられます。

  • 〇寝起きが悪い
  • 〇朝が辛い
  • 〇朝なかなか起きられない
  • 〇午前中にかけて調子が悪い
  • 〇午後にかけて体調が良くなってくる
  • 〇動悸
  • 〇息切れ
  • 〇立ちくらみ
  • 〇めまい
  • 〇失神
  • 〇イライラ
  • 〇食欲不振
  • 〇顔色が悪い
  • 〇腹痛
  • 〇頭痛
  • 〇乗り物酔い
  • 〇寝付けない
  • 〇集中できない
  • 〇疲れやすい
  • 〇疲れが取れない

 

「起立性調節障害の子供の悩み」
起立性調節障害による子供の悩みはとてもさまざまで周囲の環境によっても変わってきます。
なかなか朝起きられないことや体調がすぐれない事で学校を遅刻に休みがちやまたは不登校などになってしまいます。

 

そのことで周囲からは怠け者・さぼり癖・だらしない・やる気がない・暗い・元気がない・などと誤解されてしまう場合が多くあります。
それが原因で学校での勉強が遅れ自信が無くなってしまいいじめられてしまう、または親子関係が悪くなってしまうなど人間関係の悩みがその症状よりも大きくなっていくケースも多いいようです。

 

これらの起立性調節障害による症状は同年代の子供達にはなかなか理解されません。
思春期の子供にとっては大きな悩みになってしまいます。

 

場合によっては親ですらその症状を目の前で見ていても起立性調節障害とは分からずそれほど辛いとは気が付けずに、だしがないと思ってしまう事があります。

 

起立性調節障害になる子供の傾向

朝起きられない、午前中の調子が悪いといった症状が出る「起立性調節障害」ですが、思春期の子供に起きやすいと言われています。
では、どのような子供が起立性調節障害になりやすい傾向にあるのか、調べてみました。

 

【起立性調節障害になりやすい傾向とは?】
起立性調節障害になりやすい傾向として、以下のような性格であるということが挙げられます。

 

@周りに気配りができる性格
1つ目は、周りに気配りができる性格であることです。
周りからは「いい子」として見られていることが多いですが、そういったプレッシャーからストレスをため込みやすい状況に陥りやすくなってしまいます。

 

A自分の感情や意見を抑える
2つ目は、自分の意見や感情を抑える性格です。
自分の意思表示を抑えている分、ストレスをため込んでしまっていることがあります。

 

B真面目で、何事も完璧にやらないと気が済まない
3つ目は、真面目な性格、完璧主義な性格です。
何事にも一生懸命取り組み、結果的に頑張りすぎてしまいます。そのため、身体的にも精神的にもストレスを感じてしまっているということがあります。

 

C周りの期待に応えたい、いい子に見られたい
4つ目は、周りの期待に応えたい、いい子に見られたいという願望があることです。
周りの期待に応えようと一生懸命頑張りますが、身体的にも精神的にも辛さを感じていることがあります。しかし、その辛さを無意識に無視してしまい、ストレスをため込んでしまっていることもあるのです。

 

【まとめ】
ここまで、起立性調節障害になりやすい傾向について見てきました。
起立性調節障害は、頑張りすぎてストレスを抱えてしまう子供が発症しやすい傾向にあることが分かりました。
起立性調節障害にならないためには、ストレスをためないようにすることが大切です。

 

 

 

 

 

起立性調節障害を改善するには

「子供が朝起きられない」「午前中の調子が悪い」などといった症状が現れる起立性調節障害ですが、改善するにはどのような方法があるのか、調べてみました。

 

【起立性調節障害の改善方法】
起立性調節障害の改善方法には、非薬物療法と薬物療法があります。
それぞれ説明していきます。

 

[非薬物療法]
非薬物療法とは、薬を使用せずに自分でできる治療(セルフセア)を行う改善方法です。
起立性調節障害を改善するには、まずこの方法から行っていきます。
セルフケアの方法には以下のようなことを行います。

  • ・起床時間と就寝時間を少しずつ(30分ずつ)早めていく
  • ・1日当たり、約1.5〜2リットルの水分を補給する
  • ・1日当たり、約10〜12gの塩分と摂るようにする
  • ・急に立ち上がらない
  • ・立ち上がる時には、30秒ほど足踏みをし、それから立ち上がる
  • ・頭を前に屈める姿勢をとってから、歩き始める
  • ・温度が高い場所で過ごさないようにする
  • ・体調が悪くても、なるべく横になって休まないようにする
  • ・夕方などに、軽い散歩を行う。
  • ・体調が良い午後は、登校や出勤をして活動するようにする。
  • ・むくみを防止する靴下を履く
  • ・夜9時以降は、テレビやゲーム、スマホを使用しないようにする

 

[薬物療法]
薬物療法は、非薬物療法を行ってもなかなか改善しない場合に行います。
その際は、医師の指示に従って薬を使用するようになります。

 

子供,朝,起きない,起立性調節障害,サプリ,効果,キリツテイン,改善子供,朝,起きない,起立性調節障害,サプリ,効果,キリツテイン,改善サプリによる改善

起立性調節障害用の開発されたサプリメントがあります。
それがキリツテイン
キリツテインはL−テアニンを配合した起立性調節障害用のサプリメントです。
子供が朝起きない症状があり悩んでいる方は一度お試しください、

 

>>>キリツテインの公式サイトはこちら<<<

 

【まとめ】
ここまで、起立性調節障害の改善について見てきました。
起立性調節障害を改善するには、日常生活を改善するといったセルフケアが大切であることが分かりました。
起立性調節障害にお悩みの方は、上記に挙げた方法を実践するなど、ご自分でできることをやってみることをおすすめしますが
その中でもキリツテインはサプリメントなので安全性も高いのでおすすめします。

 

キリツテインの効果は起立性調節障害に効く

子供,朝,起きない,起立性調節障害,サプリ,効果,キリツテイン,改善

スッキリとした朝を迎えられるようにしてくれるサプリメント「キリツテイン」の効果は、起立性調節障害の症状にも効くと言われています。
なぜ起立性調節障害にも効くのか、説明していきたいと思います。

 

【起立性調整障害とは?】
簡単に、起立性調節障害について説明します。
起立性調節障害とは、自律神経失調症の一種で、思春期の子供に多く見られるものです。
朝起きることができない、立ちくらみなどの症状が現れます。

 

【起立性調節障害の原因】
起立性調節障害の原因は、自律神経のバランスの乱れと血圧調整が上手くいかないことにあります。
また、自律神経が乱れる原因には、2つあります。
@学校での人間関係や勉強などの心理的ストレス
A部活や学校生活などでの疲労

 

【キリツテインの効果】
キリツテインの効果は、医学論文にも認められた「L―テアニン」による効果と、めぐりを良くしてくれる成分の効果の2つがあります。
1.L―テアニンによる効果
L―テアニンとは、お茶などに含まれるアミノ酸の一種です。

  • ◎リラックス効果
  • ◎起きた時のだるさを軽減
  • ◎ストレスの軽減
  • ◎休息の質を上げる
  • ◎集中力を高める

といった効果があります。

 

2.めぐりを良くしてくれる成分による効果
めぐりを良くしてくれる成分として、「ヘム鉄」「高麗人参」「亜鉛」が配合されています。
ヘム鉄・・・鉄分不足を解消
高麗人参・・・めぐりを良くする
亜鉛・・・めぐりを良くし、女性特有のバランスの乱れを整える

 

【まとめ】
ここまで、起立性調節障害についてとサプリメント「キリツテイン」の効果について見てきました。
こうして見てみると、キリツテインの効果は、起立性調節障害の原因の改善につながるものばかりです。
なので、キリツテインの効果は、起立性調節障害にも効くと言われているのです。
起立性調節障害にお悩みの方には、「キリツテイン」がおすすめであると言えそうです。

 

キリテインの購入は公式ページがお得です!

キリツテインの公式ページはこちら

子供,朝,起きない,起立性調節障害,サプリ,効果,キリツテイン,改善   子供,朝,起きない,起立性調節障害,サプリ,効果,キリツテイン,改善

子供,朝,起きない,起立性調節障害,サプリ,効果,キリツテイン,改善

 

 

 

 

 

 

更新履歴